教材の文章って、普段の生活に活用できるかな。

教科書の例文や教材の文章って、普段の生活の会話で使わないものが多いよね。実際、中学・高校と6年間勉強してきた英語は、海外旅行とかで使えなかった。私が忘れてしまっていたんだろう。

授業の英語は、リーディングが主だから、国語の英語版といった感じでしょうか?最近は、受験英語でもリスニングの問題も出ているが、会話ではなく、話したことを理解して問題を解いていくから受験英語ができても海外で生活ができるかというとそうではないでしょう。トーイックでそこそこの得点をとれたからと言って英語が話せるとはイコールじゃないし、逆のケースだってあるわけですからね。

でも、その6年間勉強してきたことが無駄だったとは限らない。基本的な文法や単語や熟語を習ったから、海外旅行では食事や買い物の時の簡単な英語で話すことができた。

まずは、その簡単な英語だけで会話する度胸をつけることも大事だよね。教材の文章は、普段使うことが少ないかもしれないけれど、耳慣れするための文章はたぶん簡単なものから始まるでしょう。

時間があるのであれば、そういう教材から初めてゆっくり英語をマスターしていって、いつか海外旅行や留学を楽しめるといいよね。